カテゴリー: 袖丈

袖丈

ランニングシャツの袖丈について

ジョギングやランニングの時などに着るランニングシャツですが、袖丈は一種類ではありません。ランニングシャツの種類や袖丈のタイプなどについて説明します。

ランニングシャツについて

一般的にランニングシャツと言うと、ノースリーブで襟が深くくくられているものを示します。また、男性用下着を示す事もあります。そういった事から、下着用でデザイン性を重視するものはタンクトップと呼ばれているのです。上着用も、運動要素が強いものはランニングシャツと呼ばれていますが、ファッション性が高いものはタンクトップと呼ばれます。

ノースリーブとタンクトップ

ノースリーブは文字通り袖が無い衣服の事です。つまり、袖が無ければ何でもノースリーブです。襟があろうがなかろうが、フロントがボタンであろうがなかろうが、どれもそう呼ばれます。下着と上着の区別もありません。一方でタンクトップは、袖はもちろんありませんが、首回りも大きく露出したタイプが多いです。しかし、女性用では首回りが詰まっているタイプもあります。由来は、タンク(プール)で着用する水着、タンクスーツのトップに似ているからつけられています。こうして見ると、タンクトップはノースリーブの一種である事がわかります

上着としてのランニングシャツ

ここで、上着、つまり走る時や陸上競技の時に着用するランニングシャツについて見ていきます。ノースリーブ状のものがランニングシャツだと前述しましたが、運動用のものは袖丈が半袖や長袖のものもあります。動きやすいのはもちろん袖が無いものなので、マラソンだったり短距離走だったり、走り幅跳びや走高跳びも、見ていると皆袖がないタイプを着用していることが多いです。しかし、練習時など気温が低い時には半袖や長袖を着用します。アウターを一枚羽織るというのもひとつの方法ですが、そこまでではない時や運動量を考慮して、どの袖丈にするかを選びます。

おすすめのランニングシャツ

運動用シャツの機能として重要なのは、吸水性と速乾性、通気性です。他にも伸縮性が挙げられます。UVカット機能や抗菌防臭機能がついていると嬉しいですね。
それらを備え、さらにファッション性をも重視したおしゃれなシャツのメーカーを紹介します。まずはナイキ、デザイン性が高い事で人気なブランドです。次はアンダーアーマーです。ピッタリとしたシルエットが特徴となっています。日本のメーカー、ミズノも人気です。吸汗速乾性に優れているので、長時間走る時などには向いています。アディダスは、速乾吸収性が優れています。

まとめ

運動用のランニングシャツの袖丈は、ノースリーブから半袖、長袖とあります。
また、それぞれのメーカーによって特徴が違うので、自分に合ったものを選びましょう。

shinsuke fujimotoさん(@shingenolza)がシェアした投稿