月別: 2018年6月

ジュニアサイズ, 選ぶ基準

ランニングシャツでジュニアサイズを選ぶ基準を知っておきましょう

成人した大人がランニングシャツを購入する時には、自分の体型に適したものを選びましょう。普段の下着としてのランニングシャツを利用する時には、その方が圧迫感も少なくて体に馴染みやすいので、ストレスフリーで快適です。またスポーツウェアとしてのランニングシャツを利用する時にも、ぴったりとしたシャツのフィット感で競技にも集中ができて、よりスポーツ自体を楽しむことにも繋がります。同じように子どもに対するランニングシャツにも、適しているサイズが存在します。しかも子どもの場合にはキッズサイズとジュニアサイズに分かれて販売されることも多く、我が子にどちらを選べば良いかで悩む親御さんもいらっしゃることでしょう。そのような時のために、一応はそれぞれの基準を知っておけば、選ぶ際の目安にもなります。

a☻さん(@airun_2712)がシェアした投稿

子どものランニングシャツはキッズとジュニアがあります

販売されている子ども用のスポーツウェアコーナーや肌着のコーナーでランニングシャツを見てみると、商品袋にはキッズやジュニアと区別して書かれていることが多いです。これによりサイズも若干違いが出てきますので、どちらを選ぶべきかを一応踏まえておくことが大切です。一般的にはジュニアというのは、高学年の小学生を指すことが多く、それ以前の場合には、キッズを指すことが多くなります。もちろん最終的には、身長や体重などの子どもの個人差も考慮した上で、キッズかジュニアかの判断をすることが一番必要ですので、袋の表示は目安のひとつになっています。

具体的な年齢や学年で考えてみた場合の分け方

学年や年齢で考えた場合だと、スポーツの種類にもよるところはありますが、小学校4年生から6年生になってジュニアサイズに適しているという認識になる場合が多く、それ以前がキッズ扱いとなる場合が多いです。ちょうどだんだんと成長して身体が大人に向けてより大きくなり始める頃ですので、それに順応できるウェアが必要となってくる年齢層からがジュニアというわけです。また10cm刻みなどの細かい表示で、さらに細分化されていくことも多いです。例えば実際の有名なスポーツメーカーなどでは、キッズの対象年齢は4歳~8歳で、ジュニアの対象年齢は7歳~12歳としていますが、メーカーによっても違いがありますので袋の対象年齢の記載には注意しましょう。

大人が注意して見てあげましょう

ジュニア対象の子はまだ良いのですが、かなり幼いキッズ対象の場合には、親やスポーツを教える大人が注意して見てあげることも必要です。自分の言葉でランニングシャツの不快感をうまく表現できなかったり、身体が成長してきつくなったまま我慢して着ていたり、ブカブカのまま着ていたりなどの場合も少なからずあるからです。新しいランニングシャツを着せた時には特に気をつけてあげましょう。

子どもにとって快適なランニングシャツを選びましょう

子どもの年齢に適したランニングシャツを与えることが、ストレスなく過ごせたり、よりスポーツを楽しめることにも繋がりますので、選ぶ際にはきちんと基準を踏まえた上で、身体の個人差も考慮して選ぶことが大切です。